じょなぺしの森

ラブライブ!とかゲームとかの話します。

他者の声

 

 

 

僕は『他者の声』が嫌いだ。

何故ならそれは僕にとってずっと、僕を傷つけるものであったから。

例えば自分がやりたい遊びがみんなと違った時。例えば自分の発表した答えが正答ではなかった時。例えば荒唐無稽と分かっていながらも夢を語ったらそれをバカにされた時。例えば自分の志望が周囲の期待と違った時。自分の注力してきた企画が他人の声で頓挫した時。

昔からいつも自分はどこかズレていることがあって、そのズレを指摘される度に恥をかくような後ろめたいような思いに襲われて来た。小さい頃の遊びがどうたらなんて今じゃどうでもいいとは思うが当時は真剣だったし、まだ引きずっているものだってある。全部が全部そうじゃないのは分かっているが、それらの中にある多数の『攻撃的な他者の声』によって傷つくことが僕はすごく嫌いだった。

 

そうした経験から、僕は他者の声に対して、『消極的寛容』と自分で呼ぶような立場を取るようになった。

何を言われても、それは『他者の声』なので。彼は彼女はそう思うかもしれないね、確かにその通りかもしれないね………僕は……………いやまぁ…………………

逆に自分が他人に意見するときも同様だ。認めておかないと、うっかり自分の意見に固執して相手の声を聞けなくなる。カッとなってしまったときなんかそうだろうと自覚している。

とりあえず認めておけばそれ以上貶されることはあんまりないし、とりあえず認めることから入れば相手の声を聞いた上での自分の意見が出せるはずだ、と思う。

別に最終的に主義主張がどっちだって、別にいいんじゃないか。そこまで他人に突っ込んでいいことなんてあんまりない。

 

そうやって消極的に意見を受け入れたり発したりしながら生きて来た僕だが、ここ数年は『自分の声』を、消極的でなく積極的に発して、それを貫くことの大切さも知った。

そうしないと掴めないものもあるし、得難いものへの姿勢と主張が、小さな周囲も大きな世界も変えることもあるのだと知った。

だから今では自分からこうして発信することも増えたし、他人の声に対してもっと真摯に向き合ってみることも増えた。

けどやっぱりそうするとぶつかるのが『攻撃的な他者の声』だ。

 

彼ら彼女らは、彼ら彼女らの正義で戦っているのだろう。それが合ってるか間違ってるかは問わない。自分の首が縄で締められるから、縄を切るためのナイフを持ったのだ。

僕はそれを頭ごなしに否定はしないし、そういうものだってあっていいのではないだろうか。

ただ、僕は他人の首を絞めるための縄を持ってるつもりはないんだ。だからそのナイフを振り回しながら近づいてこないでくれ。

ナイフを振り回しながら近づいてこられると、もう対等に話なんてできない。できることは限られてくる。

刺されても我慢するか、こちらもナイフを持つか、それとも、黙り込んで、消極的寛容の姿勢をとるか。

 

僕が選んだのは三つ目だ。結局僕は消極的な気質が強い。

周囲が荒れてても言及は最低限にした。あまり触れたくなくて少し距離を置いた。いつのまにか周囲や自分の交友関係が自分の預かり知らぬ所で組み替えられているらしいが、追うこともしなかった。

ただ共感する意見に目を通して多少のリアクションをして、攻撃的な声も耳を傾けねば不公平とばかりに目を通して、その鋭さにずきりと胸が痛んで。それでもあまり強くはその争いのような何かに触れられず、やっぱり黙り込んだ。

 

 

ふと今日、見逃すことも多くなった周囲の活動を眺めていたら、沈黙を選択した人々について言及する声がたまたま届いた。ハッとしたところがあってこの文章を書いているわけだが、正直今も怖い。僕にとって他者の声は怖いものだ。なぜならそれはいつも僕を傷つけるものだから。今回もきっとそうだと今思っているし、こんだけ予防線を張らねば表に出せないくらいに自分は情けない。ただ、積極的に声を上げることの大切さを知った自分が、消極的にまた沈んでいた自分を叱咤するような思いがしたので、この文章が産まれた。

 

ただ僕が主張したいのは、この世界のどこかで無配慮な誰かの言動で傷ついている人がいるなら、反撃で振るわれたナイフで巻き添えを喰らう人間もいると言うことだ。

自分が誰かを傷つけているかもしれない、無配慮は知らぬうちに罪無き誰かの首を絞めるかもしれないと言う思いは常にある。でも、それだけじゃないと僕は思う。

起きた被害を盾に、被害者の立場から僕にナイフを向けたなら、その瞬間からこちらも被害者になり、あなたも加害者になるのだと言うことだ。そうなっては泥沼だ。戦争の始まりだ。

 

配慮を求める人々の主張は理解しようとはしている。完全に無理解ではないつもりだ。でも僕は全てに配慮できているわけではない。申し訳ない。でも無理なんだ。だから僕はたまに他人を無意識に踏みつけてしまう。怒った他人は攻撃的な声やナイフで襲いかかってくる。そこでどうするか、意図的ではないとはいえ傷つけたのは確かに此方かもしれない、やっぱり反撃するか。それとも…………

僕は沈黙を選択する。

 

 

『議題』の是非について論じたい文ではないから具体的な名詞はすべて省いている。それでも僕がどう考えてるか掘り下げたい人は、直接聞くか、僕の発言を全部遡ってくれ。何か言ってるかもしれない。怖くて消してるかもしれない。

 

 

願うことなら、他人をうっかり踏みつけてしまうことのないような人間になりたい。

願うことなら、攻撃的な他者の声で世界が溢れかえることがなくなって欲しい。

怖くて声があげられなくなってしまうから。

 

 

 

 

 

 

ラブライブ!フェス ありがとう

散文。

 

ニジガク

 

夢への一歩、そんな震えながら必死に歌われるとこっちが泣いちゃう。

 

ドキピポ、エモーション。

 

彼方ちゃん、ふわもこかわいい。会場の世界観持ってかれてた。

 

朝香果林さん、パフォーマンスがキレキレすぎる。

 

前田佳織里さん、ちっちゃいのに表現力がすごい。縮尺がおかしい。

1人だけ編集の時にサイズ0.9倍くらいに間違えて貼り付けてません?修正してほしい。好きになっちゃうから。

 

指出毬亜さん、信じらんねえ位歌が上手い。心が大草原。

 

ダイヤモンド、アイドルじゃん。かすみんアイドルじゃん。

 

めっちゃGoing!!、村上奈津実さんの少し苦しそうな必死の笑顔にボロボロに泣かされちゃった。

 

楠木ともり、ナンバーワンだ………アホみたいに盛り上げられてぶちあがっちゃった…………

 

Love U my friends がすんごいよかった。

大好きが咲いている。みんなラブライブ!が大好きってすげーことだ。

 

 

Aqours

 

届かない星だとしてもで文字通り崩れ落ちたし、喉痛くなるくらいワンツーサンシャインって叫んだ。2日目はバグって隣のオタクの足踏んだ。2回謝った。気持ちはわかりますから!wwって許してくれた。あったけえんすよ。

この曲をここでやる意味、ずっと一番好きな曲で繰り返し聴きながら歩んできてよかったと思った。

夜空。降幡愛さんの表現力ぶちぎまってた。

この大舞台にユニットで来るの、グループとしてのパワーを感じた。

SaintSnow、最高。このステージがあること自体がどえらいことだ。

 

先輩としての貫禄と後輩でも負けないぞってバチバチのパフォーマンスぶつけてきて、僕がずっと追いかけてきたAqoursはやっぱり最高だって思った。

今の僕らの輝く心でなら未来をいくらでも変えられる、だって今日は変わった未来なんだから!って思った。

 

 

 

μ's

 

グリーンのペンライトを振るの、夢だった。

 

語り尽くせない位の感情が、あの日初めてμ'sの曲を聴いた場所が、今日までの沢山の思い出が甦った。メンバー紹介PVからボロボロ涙が出た。

全部泣いてたけど、ぼらららで、つい最近自分が頑張ったことを思い出した。はじめての挑戦で失敗前提だけど何度でも諦めずに気長にやろうって自然に考えてた自分と、歌がリンクして泣いた。歌と自分がリンクする感覚、まさかμ'sで感じられる日がまた来るなんておもわなかった。

そらまると向かい合ってにこにこにーできた。

 

 

 

新曲聴いた。泣いた。

 

 

 

ラブライブ!フェス、すごく楽しかった。聴けた曲も聴けなかった曲もあったけど、聴けなかった曲はきっと今じゃないんだ、いつかの日に聴く曲なんだろう。その日が来るか来ないかはどっちでもいいけど期待する毎日がたのしい。

語り尽くせないからこれくらいにする、これ以上は大事な僕だけの想い出だよ。ニジガク、Aqours、μ's、運営。足踏んだけど許してくれたオタク、トイレ列で喋ったオタク、連番の最高のオタク、同じ会場で涙を流した沢山のオタク。一緒に合宿した仲間。みんなありがとう。楽しかった。

ぺこちゃんカレー、腕が上がってて、この一年の毎日で得た経験値の重さを感じたよ。美味しかった。

最高に楽しかったので、僕もこれから最高に頑張ります。新プロジェクトもくるしラブライブ!はずっと最強で最高だなみんなありがとう!

やっと会える

やっと会える。

ずっと待ってた。

でも会えると思ってなかった。

 

僕はμ'sの活動していた時代にギリギリ立ち会えてはいたけど、ライブには一度も参加できてないし、僕がラブライブ!と出会った日その場所で彼女たちは飛び立って行ってしまった。

だから僕がμ'sに会う日は来ないし、来ないけれど、約束したから、その約束だけをずっと胸に秘めてやってくんだろうなって思ってた。

 

それから沢山の時を経て出会いを経て環境も変わった。

沢山の思い出も増えたし、それを共有できる仲間もできた。

ただそれでも、僕の中のμ'sへの憧れの気持ちだけはずっと変わらず絶対の物だと思っていた。今までは。

でもこれからはちょっと違うらしい。

来週から僕は、μ'sに会ったことがないのに憧れてるんじゃなくて、μ'sに会えてしまうらしい。

LVすら行ったことのないライブを生で見ることができるらしいし、憧れて憧れてそれでも無理だからって、諦めて毎日繰り返し音源を聴いては力をもらっていた歌が聴けるらしい。

奇跡だ。

時の流れは残酷で、巻き戻せないから、今をより良く生きていくしかない、はずなのに、その今の方からこっちに歩み寄ってきた。いや、歩み寄ってきたんじゃないのかもしれない。

僕と君で来たよここまで

みんなの想いが届いたよ

ありがとう!

僕たちが信じて輝きを追いかけて追いかけて待っていたから、この日が来たのかもしれない。

彼女たちの歌はそう語っているから、僕もそう思うことにする。そう思えばきっと素敵な気持ちになれるから。

 

憧れのμ'sも久しぶりのAqoursもこれからを担う虹ヶ咲も全部楽しみ。

そして何より。ラブライブ!はきっとまたここからだ。これからの未来が楽しみなる、そんなライブになるはずだ。

 

 

 

膨らんでいく期待で胸がいっぱいの、いまが最高!

 

 

 

やりたいこと

あるんですよ。

めっちゃやりたい。夢叶えたい。

こんな歳になってまだ夢見てる。

でも僕より何個も上でも挑んで叶えてる人も沢山いるんです。

人間の活躍の幅って常に広がりつつある時代なんです。

その最先端をアホみたいに高笑いしながら駆け抜けたい。ぶっ飛ばしたい。

でもまあ、比較的、たくさん夢破れてきた方の人生だと思うんで、まあ既にわかってるんですけど、僕には出来ないんですよ。それ。無理です。能力が足りない。自分で考えればすぐわかる。僕ができないことを出来ているから憧れてるんだもの当たり前。

でもまあやりたいんで。ちょっとずつでも大きくはならなくてもやることにしますし、そうやってなりたいと思ったものに子供みたいにしがみつきながらやってくんだろうなあこれからもって思ってます。出来るようになったらいいな。そろそろ1個ぐらい夢叶え。宝くじで3億円当てたい。

そんな次第です。

黒澤ルビィちゃんへ。

黒澤ルビィちゃんへ。

 

お誕生日おめでとう。

 

今年もたくさんのひとが貴女の誕生日を祝ってくれることかと思います。

 

みんなみんな世界中が貴女の輝きに魅了されてるのかと思うと、僕まで嬉しくなっちゃいます。

 

 

その一人としていま強く思うことは、黒澤ルビィはいつもあなたの隣にいるから、という言葉の心強さです。

 

ずっとずっと貴女を追いかけてきたから、僕はいろんなルビィちゃんを知っています。

 

怯える姿不安そうにする姿、憧れる姿一歩踏み出す姿、誰かに勇気づけられる姿誰かを勇気づける姿、練習を重ねる姿、自分の手ではじめて輝きを産み出す姿、ステージの上で輝く姿。

 

それでもこれまでのすべてを僕は知らないし、これからも羽ばたき続けるルビィちゃんの姿のすべてを僕は追いかけられないと思います。

 

高校を、Aqoursを卒業する日のルビィちゃんを僕は見られない。僕が新しい場所へ行く日にAqoursはもういないかもしれない。

 

それでもずっと僕の隣にルビィちゃんが居てくれる、そんな気持ちにいまさせてくれている。

 

 

 それがいつも僕の支えになっています。

 

 

すべてに立ち会えなくても、めいっぱいたくさん貴女の輝きを追いかけられますように。これからもずっと貴女が輝いていますように。

 

 

できるかな。 できるよ。 じょなぺし

急にバーチャルナースにハマった話🍆

 

おはようございナース!!!

 

…………

 

いや、これには事情があって。

先月の中旬頃に、なんとなーく見てしまったバーチャルナース名取さなさんに、突然のドハマりをキメてしまいまして。

きっかけは本当になんとなーく、アーカイブの雑談放送を見てしまったところから。

もうそっからズブズブハマってアーカイブ一年分ぐらい見て、先日のオリジナルソング「さなのおうた。」で大号泣。立派なせんせえの仲間入り。

https://www.youtube.com/channel/UCIdEIHpS0TdkqRkHL5OkLtA

一人ハマったらもう手遅れ、どんどんとチャンネル登録してるVtuberが増えて、今では生配信がない時は名取さなか、社築のアーカイブを見る毎日。

https://www.youtube.com/channel/UCKMYISTJAQ8xTplUPHiABlA

 

 

Vtuberとかってこれまで全然追っかけてこなかったんです。流行りだした初期頃は見てたんですけどね、でも特にちゃんと追いかけてはなかったです。

5人いるのに四天王のアレソレとか、それくらいの時期にぱーっと有名どころは見たり、実は名取のデビュー動画も見るだけ見てたり。

でもこのコンテンツはハマったらやべえ〜〜〜〜〜!!!!!って避けてきたんですよね。オタク破壊力の高い新コンテンツにビビりがち。避けてきて避けてきて………結局ハマる、うーん意思がよわい。

 

何が琴線に触れたのかといえば、やっぱり、やりたいことをやってる姿が眩しく輝いて見えるから、なのかなって思います。

現実ではほとんどの人がそれぞれ何かしらの不自由や圧迫を抱えていて、名取もきっとそうなのかなって思うわけなんですが、何より自分がそうで。なりたい自分になって、やりたいことを好きにやる、これがいかに難しいことかなんてまぁ語らずともわかりきってるわけでして。

そんな中でも負けずにめいっぱいやりたいことを実現して、めいっぱい面白い配信や動画を作ってくれている姿を、多分好きになっちゃったんでしょうね。

 

こちら、先日発表された名取さなのオリジナルソング「さなのおうた。」です。よかったら、ぜひ。

 

https://youtu.be/UADoH5n1RLM

 

『生まれてきてよかった いま心からそう思える』

その姿を見て僕は元気づけられています。

こんな素敵な世界があったんだなあって、新鮮な輝きに包まれて、いまは毎日が楽しいです。

 

ってね。

 

 

楽しみだね

 

なんだかブログを書こうに書けなくなってしばらく。なんとなーく毎日を普通に過ごしてきました。

が、前日、いやもう当日、眠れないので書くかって考え出した午前4時半。書いて寝ようと思いました。

 

楽しみだね5th。

 

僕のはじまりは劇場版だったから、劇場版を観る時にはすごく緊張して、実際に観て大いに心が打ち震えた訳ですが、今もそんな緊張の気持ち。

ここでまたひとつ物語が終わり…いや、終わらない、って言ってましたね。

僕が最近ブログとかしなくても平気だなーって思ったのは多分きっとそういうところ。

 

がむしゃらに追いかけて輝きに手を伸ばして眩む目を必死に見開かなくても、心の中にある。

『会いたくなったら目を閉じて 皆を呼んでみて そしたら 聴こえるよ この歌が…』

きっとこれから沢山のモノと出来事と人と出会っていくだろうし、別のものに熱中したり、自分のステージで頑張らなくちゃいけなかったり、人生ではじめてってくらいのわがままな夢を叶えてみたくなったり、自分の責任を果たしにいったり、するんだろうなぁって思ってるんです。

けれど、僕の中には確かにこの歌たちが存在していて。

僕の隣には黒澤ルビィが居て。

だからきっと大丈夫なんだろうなって思っています。

 

明日もきっと、輝いている。僕はきっと輝ける。そう信じて、その信じる気持ちを確かめるつもりで。

 

 

もうひとつ。約束って、特別なことなんですよ。守れるかどうかは大事かもだけどそれが本質じゃない。守るために誇り、魂、なにか大事な心のなにかをかけてするものがホンモノの約束ってもので、大事な心のなにかがかかってるから、とてもとうといものだと思うんです。

 

こんなに沢山貰ってるんだから、せめて僕はこの魂をかけて、消えていく虹に約束しなきゃいけないと思うんです。

忘れないよいつまでも、って。

 

 

 

 

確かめに、約束しに、いってきます。

楽しもうね、みんな!